第5回:シリコンバレーのベンチャーキャピタリスト(最終回)

上田嘉紀氏

「シリコンバレーで働くベンチャーキャピタ リストとは、どんな人なのか。」今回のコラムの連載を通じて、こんな質問を頂いています。これまでの連載でベンチャーキャピタルの概要をご紹介してきまし たが、そこで働くベンチャーキャピタリストの姿を知っておくことは、起業家の方々にとっても役に立つことだと思われます。最終回の今回は、シリコンバレー のベンチャーキャピタリストについてご紹介します。

1.シリコンバレーのベンチャーキャピタリストのバックグラウンド

シリコンバレーで20年以上続いている老舗ベンチャーキャピタルや有名ベンチャーキャピタル30社で働く200人以上のバックグラウンドを独自に調べた結 果、8割以上が、ハイテク企業などでのマネジメントの経験や、自分で起業して成功した経験を持っています。一方、銀行や証券会社といった金融分野で投資関 連のキャリアを積み重ねてきた人や、経営コンサルタントや弁護士といった専門家からベンチャーキャピタリストになっている人は、2割以下と少数派です。


図:シリコンバレーのベンチャーキャピタリストのバックグラウンド1



    ※1 PricewaterhouseCoopers/Thomson Venture Economics/National Venture Capital AssociationのMoneyTree Survey Qualifying Investors in Silicon Valleyなどで紹介されている各ベンチャーキャピタルファンドのウエブサイトから独自に作成。



2.ベンチャーキャピタリストに必要とされるビジネス経験

シリコンバレーのベンチャーキャピタリストは、スポーツで言えば、「コーチ」に例えられることがあります。2起 業家は選手であり、試合に出て勝てば名誉を得ることができます。コーチであるベンチャーキャピタリストは、試合の流れを読みながら、どの選手を出すかを決 め、チームを作り、選手のやる気を引き出し、好ましいコンディションを作ろうとします。このような例えでも分かるように、コーチであるベンチャーキャピタ リストは、ビジネスの経験を通じて、どのようにビジネスを作り出していくのか、どのようにして成功させるのかということを肌で理解していることが大切で す。

    ※2 「シリコンバレー なぜ変わり続けるのか」(チョン・ムーン・リー他著、日本経済新聞社、2001)


また、ベンチャーキャピタリストは、ビジネスの経験や人脈を生かしてベンチャー企業を支援する前に、出資家からお金を集め、優良な案件を入手しなければな りません。お金と案件を託してもらうためにも、ベンチャー企業の価値を高められるだけの資質が必要で、そのためには、ビジネスの経験と実績は欠かせないも のであると考えられていても不思議ではありません。

なお、ベンチャーキャピタルファンドへの出資は、年金基金や寄付寄金、財団などの資金がほとんどを占めています。3また、案件は、これまでのビジネスの中で培われた人脈や、他のベンチャーキャピタリスト、会計事務所、法律事務所、コンサルタント、大学、既存投資先の経営陣など、さまざまなルートを通じて入手しています。4技術や業界の動向を知るために参加するセミナーや会議などを通じて広がった人脈から持ち込まれることもあります。

    ※3 「アントレプレナーファイナンス」(スミス他著、中央経済社、2004)
    ※4 「ベンチャー投資の実務」(MVC他著、日本経済新聞社、2002)


終わりに

ベンチャービジネスを立ち上げ、成功させるための公式は一つではありません。基本的なことを理解した上で、ケース・バイ・ケースで対応することが大切で す。今回までの5回の連載では、ベンチャーキャピタルの輪郭をつかんでいただくことを目標としていましたが、実際に起業する段階では、このレベルを超えて いく必要があります。SVJENでは、日本人起業家の方々からの個別のご質問やご相談に応じて、適切な人を紹介するといったメンタリングを実施していま す。メンタリングをご希望の方は、ご質問・感想と同様に、SVJEN事務局info@svjen.orgまでご連絡下さい。


参考文献
•「シリコンバレー なぜ変わり続けるのか」(チョン・ムーン・リー他著、日本経済新聞社、2001)
•「アントレプレナーファイナンス」(スミス他著、中央経済社、2004)
•「ベンチャー投資の実務」(MVC他著、日本経済新聞社、2002)



上田嘉紀氏

中小企業診断士。95年、京都大学(電気・修士)卒業後、関西電力にて、原子力発電、エネルギー関連の新規ビジネス立ち上げを経験。その後、スタンフォード大学に客員研究員として渡米。グローバル・カタリスト・パートナーズを経て、2005年6月に関西電力へ帰任。

ブログ:Entrepreneurshipを探る旅



記事についてのお問い合わせは、info@svjen.org まで。