クリントンの本音は、オバマの暗殺期待?

トランス・パシフィック・ベンチャーズ(Trans Pacific Ventures LLC)
President & CEO
 安藤 茂彌氏 (Shigeya Ando)


民主党の大統領候補を選ぶ予備選は、残すところプエルトリコに加え、モンタナ、サウスダコタの 2州になった。5月25日時点の獲得代議員数は、オバマ候補1976、クリントン候補1779。5月6日時点では150人の差だったが、いまでは197人 に開いてしまった。指名獲得に必要な代議員数は 2025人。残っている代議員数は287人しかない。オバマ候補はあと49人集めればよいが、クリントン候補は246人も集めなければならない。

クリントン候補はまだ意思決定をしていない200人ほどの特別代議員に最後の望みを繋いでいるが、この層もオバマ候補に傾きつつある。2月中旬にはクリン トン候補が100人ほどリードしていたが、今では36人ほど逆転されており、その差はさらに開きつつある。中にはクリントン候補からオバマ候補支持に鞍替 えする特別代議員もいる。

どう見てもクリントン候補に勝ち目はない。それでもクリントンは降りない。民主党幹部の間では、「こんな状態を続けていては民主党が分断されてしまう」 と、同候補を非難する声が高まっている。アメリカ国民も彼女の真意を測りかねている。彼女が降りない本当の理由は何なのか? そんなときに彼女が問題発言 をした。

6月3日に最後の予備選が行われるサウスダコタ州の地元新聞のインタビューに答えて、「周りの人々は、私に降りろと言うが、私は党大会まで降りる気はな い。予備選が6月にまでずれ込むのは歴史的に見ても異常ではない。夫が1992年の予備選で勝負に決着をつけたのは6月だったし、1968年に当時の民主 党大統領候補の指名争いをしていたロバート・ケネディ候補が暗殺されたのも6月だった」と発言した。

メディアはこの発言に直ちに反応した。「クリントン候補が降りないのは、オバマの暗殺を待っているからか」と解釈した。彼女は「私は予備選が過去に6月に ずれ込むことがあった歴史的事実を述べただけ。その以上の意図はない」と弁明したが、メディアは問題発言として大々的に取り上げた。オバマ陣営は「彼女の 発言は不穏当ではあるが、選挙戦には関係ない」と一蹴した。

メディアは、「選挙戦のかなり早い時期から、オバマ候補には暗殺の危険から身を守るために厳重なシークレット・サービス警護が与えられている。ライバル候 補が相手の不幸の可能性を口にすること自体、不謹慎である」、「クリントン候補の不適切な発言で、彼女の支持者は更に少なくなった」、「本選で民主党が勝 てるように、オバマ候補がクリントン候補を副大統領に選ぶ期待感は更に遠のいてしまった」と冷静なコメントをつけている。

これがブログになるともっと直裁である。「ライバルの暗殺を予感させるような発言をすること自体、リーダーとしては失格だ」、「彼女は最も卑しい人間であ ることがはっきりした、直ちに選挙戦から姿を消すべきだ」、「アメリカ国民は彼女のねじれた心の中を良く見るべきだ」、「彼女は自分の熱狂的な支持者にオ バマを暗殺せよと暗示している」と手厳しい。

クリントン候補に好意的なブログもある。その多くは女性で、根っからの黒人嫌いを述べているものが多いが、総数は少ない。彼女にとって不幸だったのは、選 挙戦の流れが途中から変わってしまったことだ。当初マイノリティ(黒人、ヒスパニック、女性)の多くはクリントン候補に投票していた。ところがオバマの演 説に魅せられた若年層(白人を含む)、黒人の多くがオバマ候補支持に変わっていった。今の支持層は白人の高齢者が中心になってしまった。

クリントン候補にも責められるところが多い。最たるものはネガティブ・キャンペーンの展開である。オバマ候補への執拗な個人攻撃を繰り返したことが逆に支持者を離反させてしまった。だが、その影響は本人だけにとどまらず、夫のビル・クリントン前大統領にも及んでいる。

オバマ候補が民主党の大統領候補に選出されたら、両候補の亀裂を修復して党が一丸となって共和党のマケイン候補を破らなければならない。しかし今、クリントン前大統領にこうした役割を期待できるのか疑問視されている。

クリントン前大統領は、妻が選挙戦中盤から劣勢に立たされるにつれ、オバマ候補がヒラリー・クリントンを副大統領に指名してくれることを願い、密かに接触 していたと伝えられている。他方、オバマ候補にとっても、今でも国民的人気が高いクリントン前大統領が全面的に応援してくれれば、本選を有利に展開できる 読みがある。だが、クリントン候補がなかなか降りないので事情が変わってしまった。

そこに今回の問題発言が加わった。オバマ候補が自分の死を期待する人物を副大統領に指名するだろうか。この国の制度では、大統領に万一の事態が発生したと きには、副大統領が自動的に大統領になる。クリントン前大統領がオバマ候補に妻の副大統領就任を強く迫れば迫るほど、夫婦揃っての陰謀と受け止められかね ない。いまクリントン前大統領は微妙な立場に立たされている。

夫の意見に耳を貸さずに、民主党幹部の意見にも耳を貸さずに、ひたすら指名獲得に固執するクリントン候補。選挙戦から降りない理由が、対立候補の暗殺を期待しているとなれば、有権者の心も穏やかではない。まったく困った事態になったものである。

もしクリントン候補が筆者に意見を求めてきたら(現実にはそんなことは起こりえないが)次のように助言するだろう。「クリントン候補殿、甚だ失礼ながら日 本にはKYという言葉があります」。「What is that, Shigeya?」。「貴女がいま一番必要なのは空気を読むことです」。

(ベンチャーアクセス「シリコンバレーコラム」2008年5月より転載)


安藤 茂彌氏 (Shigeya Ando)


東京大学法学部卒業後、三菱銀行に入行。MIT経営学大学院修士。三菱銀行横浜支店長を歴任。1996年に東京三菱銀行を退職、シリコンバレーにわたり、米国ハイテク・ベンチャー情報を、インターネット上で日本語で提供するサービス:ベンチャーアクセスを運営。日米両国において、講演、コンサルティング・サービス等も活発に行っている。



記事についてのお問い合わせは、info@svjen.org まで。