「オバマ大統領の生い立ちが米国外交を大きく変える」

トランス・パシフィック・ベンチャーズ(Trans Pacific Ventures LLC)
President & CEO
 安藤 茂彌氏 (Shigeya Ando) 

 1月20日正午過ぎ「私、バラック・フセイン・オバマ、は能力の限りを尽くし合衆国憲法を遵守・保護・防衛し、合衆国大統領の職務を忠実に遂行することを厳粛に誓う」と宣誓して、第44代アメリカ合衆国大統領に就任した。我々は通常バラック・オバマと呼ぶが、正式には「フセイン」が入る。

 民主党の大統領指名選挙が始まったころ、名前のおかげで競争相手からアラブ人と中傷され、必死に自分がクリスチャンであることを弁明する場面があった。もう今は誰も名前で足を引っ張る者はいない。だが、大統領に就任したオバマがこれからどのような外交を展開するのかを占うために、大統領の中にある「国際性」を辿ってみよう。

 オバマはケニア人の父親と白人アメリカ人の母親との間に1961年にハワイで生まれた。現在47歳である。両親はハワイ大学のロシア語講座で知り合って愛し合う仲になった。父バラック・オバマ(大統領と同じ名前)はケニアからの留学生であった。母アン・ダナムはカンザス州の生まれであるが、両親のハワイ移住に伴ってハワイ大学に入学したアメリカ人だった。

 両親は大統領オバマが生まれて3年後に離婚し、父親はケニアに帰国した。そして1982年に自動車事故で亡くなっている。オバマ大統領はその間父親に一度しか会っていないという。彼の宗教はイスラム教であったが、あまり敬虔な教徒ではなかったようだ。父親は帰国後に再婚し新しい妻との間に4人の子供をもうけている。再婚相手の女性サラ・オバマは健在で、今回の大統領就任式にケニアから参加した。

 母親の先祖はアイルランドからの移民であるという。古くはミズーリ州に住んでいたが、奴隷解放論者だったために同州から追放された過去を持つ。母親がケニア人と結婚したのも先祖の血が騒いだのかもしれない。

 母親は離婚して間もなくインドネシア人の地質学者ロロ・ソエトロと再婚した。ソエトロもインドネシアからハワイ大学に留学してきた留学生であった。またしても色の浅黒い外国人である。1967年にインドネシアにスハルト政権が誕生すると、大統領命令ですべての海外留学生は帰国を命じられた。そこでオバマは母親と一緒に義父の祖国インドネシアに渡った。オバマ6歳の時であった。オバマには母親が再婚後に生んだ異父妹マヤ・ソエトロがいる。マヤは成人して中国人(国籍はカナダ)と結婚している。

 オバマ10歳の時に母親のもとを離れ、単身ハワイに戻って母方の祖父母と暮らし始めた。この頃のオバマは、世間の目が気になり、自分を忘れたくてアルコール・マリファナ・コカインに走ったと回想録に記している。ハワイの地元高校を卒業し、カリフォルニア州ロサンゼルスのオクシデンタル・カレッジに入学し、3年生からニューヨークのコロンビア大学に編入している。コロンビア大学では政治学と国際関係論を専攻した。

 オバマの親族は誰も今はハワイにいない。母親は80年にロロ・ソエトロと離婚して、ハワイに戻って生活していたが、95年に卵巣がんで死去している。祖父は92年にすでに亡くなっており、唯一残っていた祖母は、大統領選挙日の2日前に朗報を聞くことなく息を引き取った。

オバマはコロンビア大学卒業後、ニューヨークの雑誌社と公益法人で4年間勤務後、シカゴに移り貧民街で教会がスポンサーするコミュニティー開発プロジェクトに参加した。ここでオバマは失業者の再教育、大学受験の予備校講師、貧しい黒人向けの公営住宅建設プロジェクトに携わった。

 そして1988年に27歳でハーバード大学ロースクール(法律学大学院)に入学した。同校が発行する法律専門雑誌ハーバード・ロー・レビューの編集に従事し、2年目には黒人として初の編集長に選ばれている。1991年にオバマは同校を優秀な成績で卒業し、シカゴに帰った。シカゴ大学ロースクールで合衆国憲法担当の教授として講義する一方で、シカゴの法律事務所にも所属し、市民権擁護の弁護士を務める傍ら、各種NPO法人の活動も展開している。

 ミッシェル夫人とは、シカゴの法律事務所で知り合い、1992年に結婚した。同夫人はシカゴの出身で、プリンストン大学からハーバード大学ロースクールに進み、オバマと同じく法学博士の称号を持っている。彼女の家系をたどっていくとノースカロライナ州、ケンタッキー州といった南部の諸州の奴隷に辿り着く。南部の黒人は20世紀初頭に新たな職を求めて北部の大都市に移住したが、夫人の先祖もそういう人たちだった。

 ミッシェル夫人の祖父はノースカロライナ州からシカゴに来て初めて職を得た世代である。父親フレーザー・ロビンソンは父の職探しの間、生活保護を受けながら少年時代を過ごし、成人してシカゴ市のボイラーマンの職を得て、二人の子供をプリンストン大学に入学させている。母親は教育熱心な人で、二人の子供に数学と国語を学校の授業に先んじて独学で学ぶ習慣を身に付けさせたという。

 大統領就任式の前日に、オバマ大統領とミッシェル夫人の多くの親戚が首都ワシントンDCにお祝いに駆けつけた。彼らは、黒人、白人、アジア人、混血児ありで、宗教的にもクリスチャン、イスラム教、ユダヤ教と分散している。話す言語も英語、インドネシア語、フランス語、広東語、ドイツ語、ヘブライ語、スワヒリ語(アフリカ言語の一種)と多岐にわたる。オバマは「うちの大家族が集まるとまさに国連総会のようになる」と苦笑している。

 ブッシュ前大統領の失敗は白人社会しか知らないため

 前任のブッシュ大統領一族とは家族構成と生い立ちに大きな違いがある。ブッシュ前大統領は、コネチカット州ニュー・ヘイブン市で生まれ、テキサス州で育った。祖父はコネチカット州選出の上院議員で、父親は1989年から93年までアメリカ合衆国の大統領であった。イエール大学からハーバード・ビジネススクール(経営学大学院)に進み、テキサス州知事を経て大統領に当選した。テキサス州クロフォード市に広大な牧場を保有する富裕な一族である。オバマとは社会階級が大きく異なる。

 ブッシュの一族に、黒人、アジア人、ヒスパニック等の非白人がいるという話は聞いたことがない。白人オンリーのアメリカの上流社会で純粋培養されて育ったのである。大学時代の学業の出来はかなり悪かったようで、イエール大学、ハーバード大学ともに、「親の七光」で入学できたのではないかと推測する人は多い。地元テキサス大学のロースクールを受験したが落ちている。

ブッシュ大統領がイスラム教諸国との外交に失敗したのは、白人社会で純粋培養されてきたことに一因があるように思う。世界の他の民族の生活の仕方や物の考え方に、皮膚感覚で接した経験がまったくない。だからイデオロギー的なものに染まりやすく、ネオコン一派にうまく利用されてしまったのではないだろうか。

 オバマ大統領の外交感覚は実体験に裏打ちされている。6歳から10歳まで過ごしたジャカルタでの生活は、朝4時に市内にコーラン(イスラム教のお経)が響き渡るのを聞いて育った。青年期のハワイでの生活はアジア系市民に囲まれて育った。シカゴでの生活はアフリカ系アメリカ人と同じ地域に住み、彼らの生活向上を支援する草の根の運動を続けてきた。白人の上流社会しか知らないブッシュ大統領とは全く異なる視座構造を持っている。

 オバマは大統領就任演説の中でアメリカのイスラム諸国との関係について言及している。

 「イスラム世界との関係では、お互いの利益と尊厳を尊重し、ともに進む新しい道を探る。イスラム世界の指導者たちよ、対立を煽って自国の社会問題を西側世界の責任に転嫁する指導者は、あなたが何を破壊したかではなく、何を創造したかで国民が評価していることを知るべきである。腐敗、策略、反対派の封じ込めで権力にしがみつく指導者たちよ、あなたは歴史の間違った側にいることを知るべきである。それでもあなたが振り上げた拳を解きほぐすならば我々も喜んで手を差し伸べよう」

 大統領が就任演説の中でここまで踏み込んだ発言をしたのは前代未聞である。アラブ諸国の指導者にはかなり厳しい内容が含まれてはいるが、オバマ大統領の登場を一様に歓迎している。

 1月27日に、アラブ語のテレビ局アル・アラビヤのインタビューに応じ、「アメリカは過去にいくつも間違いを犯した。アメリカは完璧ではなかった。だが、アメリカはアラブの敵ではない。我々はイラン政府と直接対話を行うことが何よりも大切であると考えている」と述べている。このインタビューはアラビア語の翻訳字幕が付いて、アラブ諸国で一斉に放映された。演説を聞いたアラブ市民はオバマ大統領に親密感と信頼感を深めたという。

 民主党の大統領候補の座をクリントン候補と競り合っていた時に、オバマ候補は「イランと直接対話をする」と発言して周りをびっくりさせたことがある。クリントン候補は「これこそオバマの外交手腕の未熟さを示すものである」と手厳しく攻撃した。そのクリントン候補は新政権で国務長官に就任している。オバマは新長官にかつて「悪の枢軸国」と名指しされた国々との対話路線を促している。

 オバマはよく閣僚たちの話を聞くことで定評がある。その時に、「何がアメリカにとってベストの国益であるか」といった聞き方はしないという。「何が正しいのか」という質問をすると言う。ブッシュ政権時代に、あまりにも行きすぎた国益優先で、世界の人々の心の離反を招いてしまったことを反省しているのであろう。

 オバマの主張する対話路線がどのように具体的な成果に結びつくのかは、現時点では見通せない。ただ、アメリカの外交が大きく変わることは間違いない。それはイデオロギーの変化というよりは、オバマの生い立ちから滲み出た世界観と倫理観から発する変化と呼ぶのが正しいように思う。オバマは初の黒人大統領であると同時に、アメリカ以外の国々を肌で感じ取れる初めての大統領である。

(ベンチャーアクセス「シリコンバレーコラム」2009年2月より転載)
 

安藤 茂彌氏 (Shigeya Ando)


東京大学法学部卒業後、三菱銀行に入行。MIT経営学大学院修士。三菱銀行横浜支店長を歴任。1996年に東京三菱銀行を退職、シリコンバレーにわたり、米国ハイテク・ベンチャー情報を、インターネット上で日本語で提供するサービス:ベンチャーアクセスを運営。日米両国において、講演、コンサルティング・サービス等も活発に行っている。


記事についてのお問い合わせは、info@svjen.org まで。