「オバマ政権と二人三脚で技術革新を進めるシリコンバレー」

トランス・パシフィック・ベンチャーズ(Trans Pacific Ventures LLC)
President & CEO
 安藤 茂彌氏 (Shigeya Ando) 

 

2009年のテクノロジートレンドを占うパネルディスカッションが5月下旬に開催された。Churchill Clubが主催する恒例の会合で、多くの聴衆が集まった。当地の有力ベンチャーキャピタリスト5人が壇上でそれぞれ今年のトレンドについて予測した。

 壇上に座ったのは、Draper Fisher JurvetsonのSteve Jurvetson、Khosla Ventures のVinod Khosla、Hummer Winblad Venture PartnersのAnn Winblad、Sherpalo VenturesのRam Shriram、Accel PartnersのJoe Schoendorfと錚々たるメンバーである。

1. オフラインを知らない世代の台頭

 インターネットに繋がっているのが当然な環境で育った世代が今春カレッジを卒業する。この世代は新聞を読まない。だが、彼らがこれからの斬新なインターネット利用方法を開拓していくだろう。

2. 新型電池の開発への投資が加速

 ベンチャーキャピタル(以下“VC”)によるクリーンテクノロジーへの投資の活発化が続いているが、中でも新型電池に対する投資が大きく増加する見通しである。VCはこの分野で最も注目されるA 123 Systemsに10億ドル(1000億円)もの投資をしている。更に、オバマ政権は新型電池の開発に連邦政府の助成金20億ドル(2000億円)を投じるとしており、この傾向に拍車をかけると予想される。

3. 体系化されていないデータの氾濫

 企業のデータは今後5年間に7.5倍になる。その8割がメール、ビデオ、チャットと言った体系化されていないデータ(Unstructured Data)である。こうしたデータを整理し、体系化する技術を開発した企業が次の時代のITリーダーになるだろう。

4. ワイヤレス・ブロードバンドの更なる成長

コミュニケーションとネットワーキングの分野で、2008年にVCからの投資が増えたのはワイヤレス・ブロードバンドだけであった。オバマ政権が過疎地へのブロードバンド普及に70億ドル(7000億円)の予算をつけており、この傾向は更に加速されるだろう。

5. 産業全般に広がる化石燃料依存からの脱却

 技術革新によって、全世界ベースで国民総生産に占める炭素排出量の削減が進み、エネルギーのインフラが大きく変わり、これが新しい産業と雇用を創出するだろう。こうした産業には、照明、エンジン、電子機器、水、プラスティック、セメント、ガラス、鉄鋼がある。

6. スマートグリッドへの投資増加

 スマートグリッド(賢い電力網)とは、消費者と電力会社がITを採用することで賢い電力の消費と供給を推進することである。消費者はスマートメーター(賢い電力メーター)を家庭に導入し、電力消費量の大きな電子機器を知り、時間帯による電力料金の高低を知ることで、電力の賢い使い方ができるようになる。

 他方、電力会社はスマートメーターからの情報で刻々変化する電力需要を把握できる。電力会社は原子力、石炭・石油、太陽光、風力等の様々な発電方法を採用しているが、太陽光は日中しか稼動しないし、風力は風が吹かなければ発電できない。また、原子力は一旦稼動させたら止められない。発電所と本社を ITで繋ぎ、刻々変化する電力需要に対応して、最適な発電方法を組み合わせていく技術を採用することで賢い電力供給ができるようになる。

 VCのスマートメーターへの投資は、2008年に前年比37%も増加した。オバマ政権はスマートグリッドに110億ドル(1兆1000億円)の予算をつけており、今後電力インフラのスマート化は急速に進む可能性が高い。

7. インターネットの利用者が進めるウェブの革新

 ウェブの技術革新は中央ではなく、エッジ(裾野)から起こる。世界中のインターネット利用者が、新しいコンテンツや技術をインターネットに持ち込み、従来の電話会社や検索サービス会社による中央からの革新を過去のものにするだろう。

8. ヘルスケアのB2Bソフトウェアの興隆

 エスカレートする一方の医療費を押さえ込むために、ヘルスケアの分野で様々なソフトウェア開発が進み、VCがこれに投資している。オバマ政権がヘルスケアのIT化に200億ドル(2兆円)の予算をつけたことで、更に開発が活発化するだろう。

9. モバイル機器を使ったデジタルサービスの高度化

 全世界ベースで見ると、モバイルの利用者はPC利用者の4倍にものぼる。特に新興国でのモバイルユーザーの増加は著しく、この層は音声よりもデータサービスに強い関心を寄せている。新興国でのワイヤレス・ブロードバンドの普及により、メール、音声、生活に便利なツール、マイクロブロギング、ゲーム、ビデオ、電子商取引、マイクロペイメント、写真、位置ベース・サービスが急速に広がるだろう。

10. 電子ディスプレイへの投資の増加

 薄くてフレキシブルなカラー・スクリーンを装備した電子ディスプレイの開発会社に、VCは2008年に前年比28%増の投資を行なった。電子ディスプレイの技術高度化は2009年も続くだろう。

 10のトレンドはおおむね予想された範囲であったが、電池の開発とディスプレイの開発が列挙されたのは注目に値する。両分野とも日本企業が強い競争力を持っている分野である。特に電池は、電気自動車にも必要になるし、太陽光発電、風力発電といった非連続型発電にも必要になる。これは電力会社のみならず、家庭で屋根に太陽光発電のパネルを設置した場合にも必要になり、このマーケットは今後大きく拡大すると考えられる。

 この会合では、番外編として11番目のトレンドも披露された。それは、

11. オバマ政権は最も投資成績の悪いVCとして後世に名を残すだろう

 VCが投資したベンチャー企業は米国の雇用創出と富の蓄積に最も大きな貢献をしている。グーグル、ヤフー、アマゾン、イーベイは皆VC投資で大きくなった企業である。VCの専門知識を持たないホワイトハウスが特定の技術に公的資金を投入したところで、決して良い投資成績を出せないだろう。どの技術が有望かの選択はVCに任せればよい。

 と言うものだった。これには会場からどっと笑いが起こった。筆者も笑った。だが、今回披露された10項目のうち4項目は連邦政府の予算配分があることを支援材料にしていた。逆にオバマ政権にどの技術が有望かについて「入れ知恵」をしたのもシリコンバレーのVCであろう。シリコンバレーとオバマ政権は二人三脚でアメリカの成長路線を描いていく「共謀者」だと納得した。 

ベンチャーアクセス「シリコンバレーコラム」2009年6月より「「転載)
 

安藤 茂彌氏 (Shigeya Ando)