歴史の記憶

トランス・パシフィック・ベンチャーズ社社長 安藤茂彌氏


イ ラクへの侵攻をめぐって米国と独仏などとの攻防が続いている。ブッシュ大統領による1月21日の一般教書演説はイラクへの憎悪と不信を剥き出しにした恐ろ しい内容だった。国民のテロへの恐怖心を煽り、その原因はすべてイラクにあると決め付けていた。演説の直後に、民主党のエドワード・ケネディ上院議員(故 ケネディ大統領の弟)が、「議会はブッシュに与えた戦争遂行権限をもう一度見直すべきだ」と主張した。しかし、この発言は注目されずに終わり、演説前に 43%だったブッシュ支持率は演説直後には67%に跳ね上がった。

それから10日ほど後に、パウエル国務長官の国連での演説が追い討ちをかけた。人工衛星が捕らえたイラクの移動式生物兵器製造装置の写真、米国の諜報機関 が傍受したイラク軍司令部の生物兵器隠匿の無線会話、イラク政権と深く結びついているアルカイダ幹部の実名列挙と、証拠材料を突きつけてのイラク攻撃の正 当化演説はそれなりの説得性を持っていた。いままで武力行使に慎重だったパウエル国務長官が強硬派に転じたことも、ブッシュ政権への国民の支持を高めるの に役立ったようだ。

米国民は本心でブッシュに信任を置いているのだろうか。シリコンバレーの住民の間でも最近はイラク侵攻の是非に関する話題が多い。息子を中東に送り込まれ た家族が筆者の身近に出てきている。サンフランシスコでは反戦デモも頻繁に開催されている。戦争は現実問題になっている。米国の単独戦争突入には反対する 人でも、フセイン政権が保有している大量破壊兵器を何らかの方法で廃棄させなければならないという点で認識は一致しているようだ。

米国のコントロールの効かない国が大量破壊兵器を持っていること自体が、米国に対する脅威である。それは世界にとって脅威であるはずだ。これを取り除くのが正義であり、世界平和の実現である。米国人の多くはこう考えている。

米国は自由の国である。ふだんの米国人は十人十色の考え方を持っている。しかし、危機に臨んだときに見せる一体感の強さには驚かされる。ふだんは自由を尊 重し、人種差別をなくそうと心がける米国人が、自国の危機に臨めば平気でそうした理念を放棄する。テロ被疑者が法的保護も受けずに無期限に拘束され、アラ ブ系米国市民が大挙してカナダに移住するのを見ても見ぬ振りをする。太平洋戦争勃発時にも多くの米国人は同じように振舞ったのであろう。日系人が戦争勃発 と同時に国内収容所に送られたのは同じような状況であったに違いない。

歴史を振り返ってみよう。米国の立場から見ると、現在の“悪の枢軸”は「イラン、イラク、北朝鮮」である。だが60年前には「日本、ドイツ、イタリア」で あった。一昨年のテロ事件発生直後から筆者はCNNのテレビ報道に釘漬けになっていた。米国の報道機関は、「これは真珠湾奇襲攻撃以来の米国に対する戦争 行為である」と繰り返し報じた。そしてブッシュ大統領はこのテロ事件をバネに米国民が結束するように呼びかけた。

筆者はある日CNNの意外な報道に遭遇した。小泉首相はテロとの戦いを表明したブッシュ政権支持の姿勢をいち早く鮮明にした。ホワイトハウスの報道官がこ れを記者団に発表したときに、一部の記者から「日本が米国をこんな早く支持するのは何故か?日本との間に何らかの条約でもあるのか?」と質した。これに対 して、報道官は「そういうものはないと思う」と回答した。これには驚いた。日本国内で当然と考えられている日米安全保障条約をホワイトハウスの報道官は知 らなかったのである。

真珠湾への奇襲攻撃を昨日の出来事のように覚えている米国人。それに対し、日本人の歴史観は短すぎるように思う。昭和20年の終戦に伴い、日本は今までの 全体主義・侵略主義に決別して平和を誓う自由主義国に変身した。日本人の歴史観は、戦後とそれ以前とを明確に分け、それ以前の日本を「異質の日本」として 忘却の彼方に追いやろうとしている。日本人は長崎・広島の原爆に象徴されるように米軍機の空爆で多くの一般市民が犠牲になった。日本はこうした犠牲によっ て過去の罪を償ったと考えている。しかし世界はそうは見ていない。日本の戦前と戦後を区別していない。戦前の日本も戦後の日本も同じ日本である。何しろま だ60年しか経っていないのだから。

それ以上に、いつまで経っても繰り返される教科書問題、首相の靖国神社参拝問題、慰安婦問題。米国はこの問題に頭を突っ込んできてはいないが、中国、韓国 をはじめ多くのアジアの隣国が鋭く反応する。いつになったらこの呪縛から解放されるのであろうか。いつになったら隣国の脳裏から消えてくれるのだろうか。 日本人として十数年を米国と香港で過ごした筆者にとって、日本人の見る日本像と外国人の見る日本像のギャップに常に悩まされてきた。

話をイラク侵攻に戻そう。米国とイラクの軍事力の差は歴然としている。湾岸戦争後、イラクの軍事力は弱ったままだが、米国の軍事力・軍事技術には益々磨き がかかった。両国の軍事力格差は一段と拡大している。米国が空爆を仕掛けたらあっという間にイラクは降伏するだろう。しかしこれは戦争であろうか。戦争と は力が拮抗している国同士の戦いのはずだ。この戦争は力の強いものが武力を乱用していると見るほうが当たっていないか。米国人がいくら正義の戦争であると 主張しても世界はそうは見ない。60年前に日本が大東亜共栄圏を主張しても世界はそう見なかったように。だから米国は伝家の宝刀を抜いてはならない。

どの国も自国に降りかった歴史的な出来事を選択しながら記憶にとどめている。国が不条理な暴力に屈服したと感じるときに記憶は長く留まるようである。その 証拠に米国はいまだに真珠湾攻撃を鮮明に記憶にとどめている。アジア諸国はいまだに日本の侵略行為を覚えている。今のアラブ諸国は、いやイスラム諸国は、 他の多くの国が核兵器・化学兵器を持っているのになぜイスラム諸国が持つと米国は直ちに軍事力を行使するのかと強い不満と怒りをあらわにしている。

もし米国が伝家の宝刀を抜けば、イラク国民のみならずイスラム諸国民はこれを長く記憶にとどめるであろう。そしてこの不条理に対抗するための新たな聖戦を 展開するだろう。そうなるとテロとの戦いは泥沼化し、暴力が日常茶飯事になる恐ろしい世界が到来するような気がする。歴史の記憶は心の奥深くに眠る。米国 自身が自らの心に眠る歴史の記憶を辿れば、この戦争の重大な過ちに気付くはずだ。いや、気付かなければならない。

(NIKKEI NET「海外トレンド」 2003年2月18日掲載記事より転載)

安藤茂彌氏

東京大学法学部卒業後、三菱銀行に入行。MIT経営学大学院修士。三菱銀行横浜支店長を歴任。1996年に東京三菱銀行を退職、シリコンバレーにわたり、米国ハイテク・ベンチャー情報を、インターネット上で日本語で提供するサービス
http://www.ventureaccess.com
)を運営。日米両国において、講演、コンサルティング・サービス等も活発に行っている。



記事についてのお問い合わせは、info@svjen.org まで。